製品ラインナップ

1200g

業務用スケール洗浄剤

PRTR法(企業の環境汚染物質の排出を規制する法律)非該当


ゆで麺器やステンレス機器等に付着した頑固なスケール(水あか)を簡単キレイに落とせます!高い洗浄効果で頑固なスケール汚れを落とします。液体洗剤に比べ経済的で作業性も良く自然環境にも配慮した商品です。
 

 

製品詳細

品 名 
アルセンパウダー スケールと~る
 
成 分 
有機酸、スルフォン酸アミド、界面活性剤
 
内 容 量
1200g
 
用 途
ゆで麵器(ゆで槽)、めんカゴのスケール及び変性のグルテンの溶解、洗浄、
コーヒーマシーンやシンク、ホットウォーマー等に付着したスケールの除去
 
使用方法
①噴射ボタンの安全キャップをはずします。
②空噴きして液体が出ないことを確認してください。
③ノズルの先をゴミ・屑の10~20㎝に近づけボタンを押し噴射します。
④使用後、噴射ボタンにキャップをかぶせます。

※隙間や狭い部分に噴射する場合は、添付のチューブをノズルにしっかりはめ込み使用します。

使用動画です※音が出ますのでご注意下さい。 



使用上の注意
【ゆで麵器】
①排水後、ゆで槽内を軽く濯ぎ、水またはお湯を入れます。
※汚れの程度により、中性洗剤で先に洗ってください。
② 加熱し、60~80℃程のお湯に本品を所定量投入します。
※お湯10リットルに対して本品添付スプーン2~4杯の割合
※一カ所に片寄らないように液面全面に入れて下さい。
※80℃以上の高温で本品を投入しますと、瞬間的に泡が発生し、液があふれる恐れがありますので、80℃以上の温度で投入しないでください。
※液があふれる場合は、加熱を一時止めて下さい。
③ 投入後、80℃~90℃の温度で、20~30分浸漬洗浄します。
●めんカゴも一緒に浸漬洗浄します。※沸騰させないで下さい。
④ 排水後、ブラシ等で軽くこすり洗いし、よくすすぎます。
※用途別使用方法は商品パッケージもしくは製品カタログ裏面をご覧ください。
 
使用上の注意
※30分以上の長時間浸漬はしないでください。

①作業時は炊事用ゴム手袋・保護メガネを必ず着用する。※沸騰状態で当製品の投入及び作業は、突沸の恐れがあるので、絶対に行わない。
②洗剤を吸い込んだり、目に入らないように注意する。
③他の薬剤や洗剤と混ぜない。
④洗浄後は洗剤が残らないよう流水でよくすすぐ。
⑤直射日光、高温多湿の所を避け保管する。
⑥継時的に変色や固化することがあるが、品質及び使用上の問題はない。
⑦洗剤特有の臭いがあるので、使用時は必ず換気をよくする。
⑧誤飲食等の事故の恐れがあるので、他の容器に移し替えたり小分けしたりしない。
⑨袋を開ける際は、粉が飛び散る恐れがあるので注意する。
⑩使用後は袋の口を輪ゴムなどで閉める。
⑪子供の手の届かない所に保管する。
⑫過剰な濃度で使用したり、長時間の浸漬はステンレスを腐食させる恐れがあるので避ける。
⑬ステンレス以外には使用しない。
⑭熱交換器の部分が著しく劣化し、ひび割れを起こしている場合は絶対に使用しない。
⑮電気系統やガスバーナーなど水漏れにより故障や事故の原因となる箇所に使用しない。
⑯粉や液が付着したところは直ぐに水で洗い流す。
⑰用途以外には使用しない。
⑱ゆで麺器及び機器メーカーの洗浄方法に従う。
⑲排水前に中和処理を行う。(中和剤として油と~るを御利用下さい。)
 
応急処置
①万一有毒な塩素ガスを吸入した場合は、直ちに新鮮な空気の場所に移動し、直ちに医師の診断を受ける。手当てが遅れると生命に関わる。
②皮膚に付着した場合は、直ちに多量の水で充分洗い流す。衣服や靴に付いたときは、直ちに脱ぎ皮膚を多量の水で充分洗い流す。手当てが遅れると炎症を起こす恐れがある。液が付着した衣服などは、よく洗ってから着用する。
③目に入った場合は、直ちに流水で15分以上洗い流す。コンタクトレンズは外す。その後、直ちに医師の処置を受ける。手当てが遅れると失明する恐れがある。
④飲み込んだ場合は、直ちに水で口に中を洗浄し、多量の水を飲ませて、直ちに医師の処置を受ける。無理に吐かせようとしない。意識のないときは口から何も与えない。
※いずれの場合も異常がある時は本品またはSDSを持参し、医師の処置を受ける。
 
容器資材
袋:PE・PA  
ラベル:PP
 
ケース入数
3袋/1ケース
 
JANコード
4971470113292
 
容器・製品サイズ(mm)
290×177×90

 
 
LinkIcon 
 
 
 

洗剤・クリーナー製品ラインナップ